• スマホ時代の社内情報共有ソリューション
  • スマホ時代の社内情報共有ソリューション
  • スマホ時代の社内情報共有ソリューション
  • スマホ時代の社内情報共有ソリューション

企業で実施されるセミナーや研修などでお客様が撮影された動画を、
低コストで カンタンに 編集できるサービスです。
あなたの会社の情報共有に革命を。

1.動画を撮影

お持ちのカメラでセミナーを丸ごと録画してください。

あとは撮影データを
送るだけ。
(SDカードを郵送するだけでもOKです!)

2.動画を編集

仮想カメラワークでパンや
ズーム
など、まるでカメラマンが撮影しているかのような仕上がり。

ご希望の長さのコンテンツに編集。

高品質な編集なのに、驚きの低価格を実現!

3.動画を配信

ご要望に応じた動画配信
システム(LMS)をご提供。
※別途費用がかかります

動画アップロードもお任せください。

既にお持ちの配信システムがある場合は、システムの仕様に合った動画を作ります。

LShareではお客様に撮影をおこなって頂きます。
でも、「撮影のやり方がわからないよ」というお客様でも安心です。
撮影機材(市販の機材)のご提案から、
「カメラはどこに固定したら良いか?」など
サポートさせて頂きます。

STEP1.事前準備

カメラをお持ちのお客様は、普段通りに撮影準備をして下さい。ご要望があれば、必要な機材や撮影方法などのご提案や、トライアル撮影を1回行わせて頂きます。

※国内のみの対応となります。遠方の出張費は応相談です。

STEP2.撮影

カメラを固定し録画ボタンを押すだけ!あとは放置!撮影終了までカメラマンを張り付ける事も不要です。

STEP3.データ送付

撮り終えたら、撮影データを弊社まで送付下さい。専用のファイルアップローダーを用意します。(カメラから抜き出したSDカードを、そのまま郵送するだけでも大丈夫です!)

頂いたデータを、責任を持って編集させて頂きます。

1.仮想カメラワーク

セミナー全体の絵と、講師を拡大した絵を自在に切り替え、まるで2台のカメラを用いて撮影したように見せることも可能です。映したくないものが映り込んでしまった場合にカット(トリミング)することも可能です。


2.テロップ作成

タイトルテロップを始め、「ロゴを入れたい」、「講師名を入れたい」など、様々なテロップ付けが可能です。


3.パワポ+講師ワイプ表示

セミナーで利用されるパワポ資料等をメインに表示、講師をワイプで出す、といった画面構成も可能です。

LSが提供するクラウド型eラーニングプラットフォーム「LStep」や、
NTT東日本の「スマートスタディ」に完全対応!
※別途費用がかかります。
スマホ時代にベストなソリューションを提供します。

使い方は無限大。ありとあらゆるシーンで活躍します

新商品説明会、社内セミナー

もし「新商品の説明会」を全国各地で個別に開いているのであれば、本サービス導入で不要となります。社内情報共有を円滑化するためにご活用ください!

社員向け研修

新入社員研修、管理職向け研修、全社員向け情報セキュリティ研修など、会社で行われる様々な研修の様子を映像に収めて送って頂ければ、立派な研修教材が完成します。

技術・ノウハウの伝承

団塊世代の退職を前にして各企業では、技術・ノウハウの伝承が課題になっています。技術保有者のノウハウを映像化しておきませんか?

社長講話、重要会議

「年始の社長メッセージ」など、全社員に発信したい内容も手軽に映像化!重要な会議の様子などをアーカイブで残していくことも可能です。

製品の操作マニュアル

紙のマニュアルでは伝わりにくい製品の操作手順などを手軽に映像化することができます。営業マンがタブレットを持参して動画を再生すれば、そのままお客様向けのプレゼン資料に。

塾や学校の講義

塾や学校での授業の様子を収め、動画コンテンツ化してLMS配信すれば、お手軽にサテライト授業も可能になります。

AIやディープラーニング等、最新のテクノロジーを駆使して業務効率化が可能です。

たとえば…


■利用する分析手法一例

相関解析
主成分分析
回帰分析
因子分析
アソシエーション分析
クラスター分析
決定木分析

LS提供の既成コンテンツをご利用頂くことも出来ます。

CSR等社員向け教材

コンプライアンス
メンタルヘルス(ストレスチェック)
マイナンバー
LGBT
障がい理解(製作中)

情報セキュリティ・ITスキル系教材

Microsoft Office(ワード、エクセル、パワーポイントなど)
超実践!情報セキュリティ講座 など

新入社員・内定者向け教材

ビジネスマナー
セルフマネジメント
ビジネスリテラリシー
マーケティング など

語学・学習系教材

接客、オフィス、プレゼンなどで使える英語教材 など